サマーカットが流行った経緯とカットの特徴

夏場を前にして、飼い犬全般にしてあげたいのがサマーカットです。
サマーカットとは、毛並み全体を短くカットして夏の暑さに備えるというものです。

飼い犬のトリミングとしては、おしゃれ目的というよりも健康管理のために行うものだと思ってください。

トイプードルはシングルコートで被毛の密度はそれほど高くありませんが、とにかく毛の量が多いということが特長になっているので、夏場の暑さはかなりのものになります。

トイプードル向けのサマーカットのデザインは一つだけでなく、全体的に短めにするということで使われるものです。
基本的には本格的に暑くなる前の時期にペットサロンなどでバリカンを使って長さ3ミリ~6ミリくらいまで刈り込んでいきます。

トイプードルは体格が小さく被毛がふわふわしているという特長がありますが、被毛を短めに刈り込むと見た目が相当小さくなってしまいます。

ふわふわもこもこヘアーを楽しみたい飼い主さんにとってはサマーカットはちょっと物足りなく感じるかもしれません。
しかし、夏の間を快適に過ごせるようにするという目的で行うものなので、きちんと季節に合わせたカットをしてあげてください。

向いているプードル

サマーカットはトイプードルだけでなく、ほぼ全ての犬種にとって必要です。
短毛種であれば、スリッカーブラシなどでざっと毛の密度を減らしてあげるだけでもよいのですが、毛量の多いトイプードルはそう単純にはいきません。

トイプードルの長い巻き毛は、高い気温や湿度の場所で生活をしていると、体温や外気の熱を被毛の間にこもらせてしまうことになります。
近年では動物病院での診察例としてペットの熱中症が増えてきているということもあり、室内飼育をしているペットにとっては温度管理対策は欠かせません。

サマーカットをすることでかなり夏の暑さに対応できるようになります。
しかし、逆にバリカンで皮膚が見えるほど短く刈り込んでしまうと、今度は屋外に散歩に行く時に直射日光から肌を傷めてしまうことにもなりかねません。
また日光だけでなく、草むらに入った時に鋭い葉や木の枝でケガをしてしまうということもあります。

どんなスタイルが適しているかはいきつけのトリマーさんに相談してみるとよいでしょう。

サマーカットをするときにはほどほどの長さにしておくか、もしくは切りすぎた皮膚の部分が日焼けしないように日差しの弱い早朝や夕方以降に散歩に行く、もしくは洋服を着せるなどして守ってあげることが大切です。

サマーカットをする時期としては湿気が高くなる梅雨入り前後が適切ですが、普段の生活で犬が舌を出して激しく呼吸をするようになっていたら、既にかなりの暑さを感じていると考え、カットしてあげましょう。