おさげスタイルが流行った経緯、カットの特徴

毛並みを伸ばしたトイプードルでよく行われているのがおさげスタイルです。
おさげといえば昔の女学生スタイルの定番であり、現在でも長く伸ばした髪の毛が邪魔にならないようにきれいに束ねている光景が見られます。

ほうっておくとどんどん毛が伸びていってしまうトイプードルでは、おさげスタイルもわりと簡単にできるのです。
普段はトリマーさんに切ってもらっているけど、ちょっと時期を逸して伸び過ぎてしまったかなという時には、ちょっとしたヘアアレンジとしておさげスタイルにしてみるのもおすすめです。

おさげスタイルはもともとは正式なトリミングの技術の一つとしてというよりも、トイプードルを長く飼育している人たちの間で自然に行われるようになっていった髪型です。
完全に編み込みをするという方法だけでなく、耳の両脇でちょっとまとめてみたりといったように、それぞれのワンちゃんの毛の伸び具合によってアレンジできるのが嬉しいところでしょう。

トイプードルは耳の毛がふわふわと長く伸びていく体質をしているので、耳本体からはみ出た部分にちょっとリボンや飾りゴムなどをつけてみるだけでも、かわいらしいおさげスタイルになります。

向いているプードル

人間でもおさげスタイルは女子の定番ということもあって、メスのトイプードルを飼っている人が多く行っているようです。
標準的な毛質を持っているトイプードルであれば、自然にどんどん毛が伸びていきますので、ある程度になったらちょっと結んであげると一気に可愛さが増します。

おさげスタイルと一緒にされていることが多いのが洋服アレンジで、可愛らしい服とおさげ髪という組み合わせは、一気にガーリッシュ度を高めてくれるでしょう。

最初から垂れ耳になっているトイプードルは、そのまま左右に編み込みをすることで自然なツインテールになってくれます。
顔の毛がたくさん伸びてきたときには、おさげスタイルをすると共に、前髪をリボンなどで大きくかきあげるようにしてあげると、目元もすっきりとしてワンちゃんの視界も広く持つことができます。

ちょっと注意をしてあげたいのが、髪の毛を束ねるときの髪留めの種類です。
普通の輪ゴムのようなむき出しのタイプを用いてしまうと、どうしても巻き毛のトイプードルは毛が絡まってしまいやすく、取り外すときに強く毛を引っ張ってしまうことになります。

一番良いのは、ペットショップなどに売っているトイプードル専用の髪留めやゴムを購入することです。
もし近くで購入ができない時には、セットペーパーとして薄い紙を一枚挟んでから、ゴムやリボンで留めるようにすると、きれいに仕上がるでしょう。