アフロカットが流行った経緯とカットの特徴

大きな耳と豊かな毛並みを持っているトイプードルだからこそできるカットの一つが「アフロカット」です。
アフロカットは人間の髪型としても人気があるので、どんなシルエットになるかは用意に想像がつくのではないでしょうか。

トイプードルのアフロカットも、人間同様に頭部が大きな丸みを持ち、胴体に対して大きく膨らんだように見えるシルエットになります。
特徴的なのが耳と顔が一体に見えるようにするということで、頭全体の毛並みをそのまま整えてボリューム感を活かす方法でカットします。

アフロカットはトイプードル人気が出始めた初期から人気のあるカット方法でした。
その理由はふわふわの毛並みを持つトイプードルの魅力をそのまま活かすことができるからです。

アフロカットをする時には、頭だけでなく体や足元までふんわりと短めにするのが一般的です。
きれいにカットしてもらうことにより、手触りバツグンのふわふわもこもこの愛犬が出来上がります。

アフロカットは、頭部分を大きく見せるためのカットであることから洋服などとも相性がよく、リボンをつけてみたり、ちょっと派手目な洋服を着せてみたりとかなりアレンジのバリエーションがあります。

向いているプードル

アフロカットをするためにはまず全体の毛量が十分にあり、巻き毛が強い毛質を持っていることが必要です。
全体の毛量が少なめだとどうしてもボリュームを感じさせるシルエットができないので、アフロっぽさがでにくくなるでしょう。

さらによりきれいにアフロカットをするには耳の毛を使うため、耳の長さが小さめで、さらに耳の毛量が多いということも向いている性質です。

実際のカットでは口周りを短めにカットして、頭の上半分と後頭部を丸く仕上げるようにするので、鼻先の長さもちょっと短い方がより丸みが強調されてよいかもしれません。

なお、毛を多く残してカットをするので、アフロカットは毎日のケアが欠かせません。
きちんとブラッシングをして、抜け毛を取り除いてあげるようにしないと、毛の奥に隠れている皮膚が炎症を起こしてしまう可能性があります。
シャンプーをきちんとして清潔にしてあげないと、夏場などの気温が高い時期には特に皮膚を痛める危険があるので、毎日世話をしてあげられる飼い主さんのワンちゃんに向いていると言えるでしょう。

それと伸びすぎると目の周りにまで毛が覆ってきてしまうことになりますので、こまめに自宅もしくはいきつけのトリミングサロンで顔周りをカットしてもらうようにするのも必要です。

目安としては月に1回くらいカットをするのが望ましいとされているので、普段の身繕いくらいは自宅でできるようにしたいですね。