ワンコ服の材料は多い

ワンコ服の作り方についてですが、まずはワンコ服の材料について学んでおきましょう。

ワンコ服であっても、人の服を作る時と同じでミシンは必要となります。
他にもリブニット、ニット用の針、ニット用の糸などもあったほうが、楽しくワンコ服を作ることができます。

ワンコ服の作り方では、ニット地も必要とされているのですが、ニット地は、「伸縮性がある、Tシャツのものでも良い」となっているので、それほど特別なニット地を要求されるわけではありません。
ニット用の針と糸についても、ワンコ服を作る場合は手芸用品店で、ニット用の針と糸を購入することができます。

その他に必要となるものでは、ハサミも必要になります。
余分な生地を断裁する、糸を切る・・・このような場面でハサミが必要となるので、必ず用意しておくようにしましょう。

ワンコ服の補足となりますが、既成品を購入するというのも1つの手段です。
というのもワンコ服の既成品であれば、ペットに合ったデザイン、サイズとは、どのようなものなのかが良くわかるからです。

ただ既成品の多くは、サイズが固定のため、ペットが着るのを嫌がることもあります。
チワワのように足が短い犬種の場合は、ワンコ服を着てからの動きが悪くなったりすることもあるのです。

なので、これらのトラブルを避けたい場合は、ワンコ服の作り方を学んで、ペットに合ったデザインのものを作るようにしましょう。

まずは簡単なものから作る

ワンコ服の作り方の手順は「犬の首まわり、胴回り、好みの着丈を測る」ことが重要です。

少し大きめのサイズを意識して作るようにしましょう。
そして、「自分の犬にあった型紙を作る」ようにすると、他には無いオリジナルのワンコ服を作れるようになります。

ワンコ服用の型紙ですが、「milla milla」というサイトを利用するだけで、型紙のダウンロードを無料で行なえます。
ただし、ワンコ服用の型紙というのは、すべて無料というわけではありません。

中には有料のものもありますので、こちらも理解した上で利用するようにしましょう。
型紙を使ってパーツを完成させた際ですが、その後は布とあわせて裁断するだけで問題ありません。

後は縫い合わせるだけでワンコ服が出来上がるのです。
ワンコ服用のリブニットについては、袖ぐり、首まわり、裾に伸ばしながら使用するのを徹底しましょう。

このようなコツを知っていると、ワンコ服の作り方を正しく理解できますし、2着目を作る際も落ち着いて作れるようになります。
まずは簡単なものから作ることも大事なのですが、簡単なワンコ服を作れるようになった後は、フリルをつける、もしくはアップリケもつけるようにします。

可愛いワンコ服を目指しているのであれば、ラインストーンをつけるのも良いです。