テディベアカットが流行った経緯とカットの特徴

トイプードルはここ数年不動の人気ナンバーワンを維持している犬種ですが、その理由の一つはやはり「見た目を好きに変化させられる」楽しみがあることでしょう。 

ミニチュアピンシャーやボストンテリアといった小型犬は短毛で室内での飼育で抜け毛の心配があまりないという楽さがありますが、その一方で見た目を変化させにくいという点があります。 
トイプードルは長毛種というわけではないのですが、適度にくるくるの手触りのよい巻き毛を持っているので、カット次第で全く違った見た目になってくれます。

そんなトイプードルを代表するカットが「テディベアカット」です。
テディベアカットは、その名前の通りテディベア風に見えるカット方法で、柔らかい毛並みのボリューム感を全身に残したまま、丸みを帯びた形に仕上げることが特長になっています。

一番の特長は丸い鼻先を作るということで、鼻から口元までのマズル部分の形が何よりも重要です。
犬の「鼻」というのは眉間の間から顔の下半分全てが含まれており、この部分をどうカットするかにより顔つきの印象が全く異なってきます。

テディベアカットでは眉間の下から口の両端にかけてのラインを丸くなだらかに落ちるようにしていきます。
さらに耳もふんわり丸くカットすることで、ぬいぐるみのテディベアにそっくりの見た目にしていくことが可能です。

向いているプードル

テディベアカットは、トイプードルが日本で飼い犬として流通し始めたのとほぼ同時に流行したと言ってよいカット方法です。
トイプードルのカットとしてテディベアカットが有名になったというよりも、テディベアカットがしたくてトイプードルを飼うという人がいると言っても過言ではありません。

同じトイプードルであってもテディベアカットが映えるアプリコットやレッド、ブラウンといったカラーは大変人気があるので、ペットショップでの購入価格が高く設定されていることがあるというくらいです。
ちなみにトイプードルでアプリコット、レッド、ブラウンの毛質を持っていると、毛並みがふわふわの巻き毛をしていることがよくあります。

ただしどんなトイプードルでも絶対にテディベアカットが似合うというわけではありません。
テディベアカットは全体のふんわり感が何よりも重要になるので、もともと毛質が少なめであったりストレートに近かったりすると、うまく仕上がらないことがあるものです。

またテディベアに近く見えるようになるためには、耳の位置が上の方にあった方が好ましいと言えます。

トイプードルの中にも非常に耳が高いところについている犬もいて、そうした場合本当にテディベアそっくりな見た目になってくれます。