おしゃれだけでなく健康管理にも洋服がおすすめ

街中で散歩をしているトイプードルを見ていると、その多くが何か衣服を身に着けています。
小型犬は衣服がとてもよく似合うので、ついついかわいいからと沢山の洋服を買ってしまいがちです。

あまり犬に詳しくない人からは「犬に服を着せるなんて不自然だ!」といった意見が聞かれることもあるのですが、トイプードルの場合には衣服はただ見た目を良くするためだけに使用するのではありません。

飼い犬用の犬種はいろいろですが、もともと寒い地域で原種が生活していた犬は生まれつき密度のある毛並みをしています。

同じ小型犬でもコーギー犬やポメラニアン、スピッツといったような犬はアンダーコート(下毛)とオーバーコート(上毛)の二層で毛が生えているため、寒い時期でも元気に活動することができます。

しかしもともと温かいところで生活してきた犬はアンダーコートがない一層のみの被毛となっているため、抜け毛が少ないというメリットがある反面で寒さに弱いという問題があります。

プードルの他にもパピヨンやヨークシャーテリア、マルチーズなどはこれに当てはまるので、寒い時期には体温調節を飼い主さんの方でしてあげないと風邪をひいてしまいます。

寒さ対策だけでなく、夏場にも強い日差しを防ぐ役割が洋服にはあります。
小型犬の場合には地面と体の距離が近いため、アスファルトの照り返しをもろに体に受けるとかなりのダメージになります。

服を着用しておくことで体温調節もしやすくなるので、お気に入りの洋服をいくつか購入しておくことをおすすめします。
他にも服を着ておくことで毛並みが汚れるのを防ぐことができ、ノミ・ダニといった虫が寄生するのを防ぐこともできます。

初めて服を購入するときの注意

ペットショップやサロンに行くと、たくさんのトイプードル用の衣服が販売されているのを見かけます。
だいたいトイプードルの体型はどの個体も一緒なので大抵の衣類を着用することができるとは思うのですが、より快適に使用するなら先にサイズを測っておくのがおすすめです。

トイプードルの採寸の方法は、「首周り」「着丈」「胴回り」の3ヶ所で行います。
「首周り」はちょうど首輪をしたときの位置で一周の長さを測ります。
「着丈」は首輪位置から尻尾の付け根までの背骨に沿った長さ、「胴回り」は前足の付け根あたりの胴一周の長さです。

インターネット通販の衣類を購入する場合も、この3ヶ所の長さがわかっていると安心して購入ができます。
洋服はタンクトップタイプの頭からかぶって使えるタイプが着脱しやすく便利です。

寒い時期にはニット用品、雨の日にはレインウエアを使うといったように季節や気候で使い分けをするとよいでしょう。