マカロンの骨折

みなさんが飼っているワンちゃんは、ケガや病気をしたりしていませんか?

実は、マカロンは生後8ヶ月のときに脚を骨折しています。
マカロンと暮らし始めて2ヶ月経ったとき、なんだか歩き方が変だな、と不思議に思って病院に連れて行きました。
そこで、骨折をしていると気づいたんです。言葉が話せない分、細かい動作の変化に気をつけなきゃいけないことを、このとき胸に刻みました。

幼少期の犬の骨はまだ発育しきっていなく(人間と同じですね)、硬いものにぶつかったり高いところから下りたりしたときに、その衝撃で折れてしまうことがあるそうです。
飛び跳ねるように走るトイプードルの動作はかわいらしい反面、脚に負担がかかっているみたい。
小さいときは家の中にじゅうたんを敷いてクッションにするなど、注意したほうがいいかもしれません。
とは言っても、過保護もダメですがね。

ペットの保険

私は飼い始めるときに保険に入ったほうがいいと、マカロンと出会ったときにスタッフさんに言われました。
と言っても、ペットの保険も悩むくらいの種類があります。選ぶときのポイントってなんなのでしょうか?
私は右も左もわからなかったので、スタッフさんが丁寧に説明してくれたので助かりました。やっぱり、難しいことは専門家に聞くのが一番。ケガや病気に合わせて支払い額が異なったり、支払いまでに時間がかかったり、入る保険によってメリット・デメリットが出てくることは確かです。自分のワンちゃんの体質や補償内容を照らし合わせながら、早い段階でじっくり考えると、後々助かるかと思います。

話しを色々聞いて、スタッフさんに紹介してもらった所を利用してみました。
それが、犬のための医療保険(http://pshoken.co.jp/

怪我をする前には加入していたので、骨折の治療も保険でなんとかなったのですが、入っていなかったら治療費が倍になることに……そう考えるとゾッとしますね。

犬も病気やけがをします

マカロンを飼い始める前までは、人間の保険のことは知っていても犬に関する保険があるなんて知識はまったく持ち合わせていませんでした。
多分、私と同じような人はきっといると思います。それに、今はまだ入らなくてもいいと考えている人もいるのではないでしょうか。
もちろん、大好きなわが子がケガをしないように、病気にならないように予防するのが一番ですが、それはいつ起こるか分からないので、やっぱりそのときに備えることが一番大切だとマカロンと過ごしていて思います。

犬も人間と同じように、年をとればガンや糖尿病、白内障になるということも初めて知りました。無知ってこわい……(. .;)

マカロンがいる生活が当たり前のように過ごせているからこそ、そんな「当たり前」がずっと続くように、なるべく事前にできることはしたいですね。