ドッグフードはどうやって選べばよい?

前回に引き続き、マカロンの毎日の食事について書いていきます。

前回は普段マカロンにどんなものを食べさせているかということについて触れましたが、今回は毎日の食事のメインとなっているドッグフードについて話をしていきます。

犬用のドッグフードにはいくつかの種類があって、手軽に使えて安価に購入できる「ドライフード」」と値段ははるものの風味が残る「ウェットフード」とに分類ができます。

その他にもおやつ用として売られているジャーキーやささみ、ガムといったものもあります。

うちでマカロンによく与えているのはドライタイプの総合栄養食ですが、実はあまりそれだけに頼ってしまうと栄養に偏りが出てしまうこともあるので注意が必要です。

「え?総合栄養食ならそれだけを食べさせていればいいんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、実はドライフードの表面は油でコーティングをされていたり原材料に穀物を多く使用していたりするので、あまり同じものだけを与えていると長期的には栄養の偏りが生じてしまうこともあります。

フードを選ぶときには総合栄養食や一般食といった分類表記だけでなく、きちんと含有成分もチェックしておく必要があるのです。

パッケージの表示欄を注意してみてみると原材料には主に何が含まれているかということがわかります。

比較的安価なフードは取材量が「とうもろこし粉」となっているのですが、やや高価なドライフードになると「鶏副産物」といった肉由来の粉末を使用していたりします。

犬は基本的に雑食の生き物ですが、人間よりも肉食性が高いのであまり炭水化物を与えすぎず肉類などタンパク質を多めに与えてあげたいところです。

深刻なのがペットたちの肥満

マカロンが体調を崩したときには動物病院にいくのですが、そこでよく見かけるのがありえないくらいに太ってしまったペットたちです。

人間にとっても耳の痛い話ですが、ペットにとっても肥満体質は非常に重大な問題でちょっと油断をするとあっという間にまんまる体型になってしまいます。

犬の場合は人間と異なり満腹感を感じにくいという特徴があります。

前回犬への餌の与え方として決まった時間に決まった分量だけをあげるようにするのがポイントという話をしましたが、これは犬は餌を与えたら与えただけ全部食べてしまうからです。

なんでもこれはもともと野生で暮らしていた犬は一食一食を狩りによって獲得してきたため、一度食事を食べそこねてしまうと次にいつ獲物を見つけることができるかがわからないため、できるだけたくさん食べられるときには食べたいという本能があるからなんだそうです。

ですのでペットがおいしそうに餌を食べるからといって「足りないのかな?」とどんどん餌の量を増やしていくととんでもないことになってしまいます。

しかし逆にダイエットをさせようとして急激に餌の量を減らすと今度はストレスがたまりペットの性格が凶暴になってしまうこともあります。

人間でも急激なダイエットは大抵失敗しますから、犬にとっても適切な方法でウエイトコントロールをしてあげたいですよね。

犬に絶対に与えてはいけない食べ物

ネットなどを見ていると「犬に与えてはいけないもの」の情報をよく目にしますね。

イカを食べると腰を抜かす、といった俗説もよく語られていますがそれらの中には正確な情報もあればまったくの俗説というものもあったりします。

本当に犬に食べさせてはいけない食品としては「ネギ類」「チョコレート」「ブドウ(レーズン)」が三大厳禁食品として挙げられます。

ネギは犬が口にすると赤血球が破壊されてしまい、貧血を起こし血便の原因になります。

チョコレートはテオプロミンという成分があるので、食べることで嘔吐や下痢など激しい食中毒の症状が出てしまい、最悪のときには昏睡や急性心不全になってしまいます。

最後のブドウは意外に有名ではないのですが、これが犬によくない影響を与える理由ははっきりわかっておらず、ただ食したときに下痢や腹痛を起こしたり、急性腎不全の原因になってしまったりすることは研究で明らかになっています。

他にも室内にある観葉植物や殺虫剤など、犬が好奇心を持っていじってしまいがちなものはたくさんあります。

食事の中身だけでなく、つい口に入れてしまうものもしっかり飼い主として管理してあげたいですね。