部分洗いの方法を覚えましょう

犬の世話をするとき定期的に行うのがシャンプーです。
犬は猫と違って濡れることをそれほど嫌がらないので、比較的楽にシャンプーをすることができるのではないかと思います。

トイプードルは体も小さいですし、体重も数キロ程度なのでまずはお風呂場に連れていき、シャワーで体を流されることに慣れさせてください。

シャンプーはだいたい月に1~2回くらい行うのが理想とされていますが、自宅で行うのが難しいという時にはペットサロンなどでやってもらってもよいかと思います。

しかし全身のシャンプーとは別に、ちょっと体が汚れたときに行う部分洗いを覚えておくと便利です。
部分洗いは散歩のあとの足元やお尻の部分など、汚れが特につきやすい箇所に対してだけ行う方法です。

コツとしてはまず最初に全身をブラッシングして毛並みを整えてから、ぬるめのお湯を使って全身を濡らします。
軽い汚れなら洗剤をつけなくても水でざっと流すだけでキレイになるので、そのあとは自然に乾くのを待ってあげてください。

お尻周りを洗うときには、一緒に「肛門絞り」をしておくと部屋が汚れるのを防ぐことができます。
犬は肛門の周りに「肛門嚢」という強いニオイを発する分泌物を収めた器官があります。
発情期になるとここから強烈なニオイを出して異性にアピールするようになるため、定期的に絞って分泌物を減らすようにしましょう。

犬用シャンプーの選び方

自宅で本格的にシャンプーをするときには、全身を濡らしたあとにシャンプーを手にとり丁寧に毛並みを泡立てていきます。

この時に使用するのが犬用シャンプーで、ペットショップなどにいくと幾つもの種類が並んでいます。
ペット用なので別に家庭用洗剤でもいいというようなことを言う人もいますが、犬の皮膚というのは非常に敏感で、化学物質を多く含んだ合成洗剤を使用すると、皮膚炎を起こしてしまうことがあります。

またシャンプーは体をキレイにするだけでなく、皮膚や被毛の中に潜んだノミやダニを殺す目的でも行われるため、あらかじめそうした機能もあるシャンプーを選んだ方がよいでしょう。

とはいえ犬用シャンプーとして販売されているものの中にも、石油系界面活性剤を使用した合成シャンプーは数多くあります。

犬によって肌の強さは違いがあるので全ての犬にとって悪いというわけではないのですが、トイプードルはどちらかというと皮膚が弱い個体が多い犬なのでできれば天然成分を使用した肌に優しいタイプを探してあげてもらいたいです。

毛が絡まりやすいトイプードルは、シャンプー後に専用のコンディショナーをつけてあげるとより毛玉ができにくく毎日のブラッシングが楽になります。