トイプードルの涙やけとは?

トイプードルなど小型犬でよく起こる症状として「涙やけ」があります。
「涙やけ」とは目の周りの毛が涙の成分によって赤茶色に変色してしまうことで、マルチーズやチワワなど白に近い毛並みをした犬によく起こります。

トイプードルでも白い毛並みや明るい毛並みの犬によく起こり、でき始めるとまるで目のまわりに歌舞伎の隈取ができてしまったかのような見た目になります。

涙やけが起こる原因は、普段から沢山の涙が出てしまいそれが溢れ出て周りの毛に付着することです。
鼻先が短い犬種の場合、鼻涙管という涙が目・鼻・口につながる器官が詰まりやすく通過障害が起こってしまいます。
そのため瞳を濡らす涙が鼻や口の中に流れていかず目元にあふれ出てしまいそれが毛を傷める原因になるのです。

まず普段から涙が大量に顔の周りを濡らしていないかということを気にしてあげ、ひどいようなら一度獣医さんに相談してみるようにしましょう。

トイプードルの涙が過剰に分泌される原因として、「眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)」というものもあります。
こちらは人間で言うところの「逆まつげ」のような状態のことで、長い毛が目に入り続けてしまうことにより常に涙が過剰に分泌されてしまいます。

トイプードルは大変毛が長い品種であることから、顔周りの毛を伸ばしっぱなしにしていると目をすっぽりと覆うようになってしまいます。
これが眼球を刺激することになるため、長期的には涙やけだけでなく重大な目の疾患を招いてしまうことになります。

普段からできる目の周りのケア

トイプードルの目の周りのケアとしては、まず濡れたコットンなどで丁寧に拭いてあげるということがあります。
目やにや涙が顔のまわりについているのを見つけたら、速やかに清潔なコットンで拭ってあげてください。

目やにが長くついたままになると乾燥して簡単に落ちなくなってしまうこともあります。
そうした場合には濡れたコットンをしばらくあててふやかすようにし、丁寧に取り除いていくようにします。

ひどい場合にはペットショップや動物病院で販売されている「涙やけローション」などを使用します。
自宅でも5%程度のホウ酸水を作ると同じような効果の液体になるので、それを使って顔の周りを拭いてあげてください。

また温度調節にエアコンを使用している家庭では、暑くなりすぎて汗などの体液が多く出てしまうということもよくあります。

ペット用ケージがエアコンの風が直接あたる場所にないかということを調べて、適度に湿度のある風通しのよい場所に移動してあげてください。

最近は食品アレルギーにより涙という症状が出る犬が多くなっているようです。
ドッグフードを低アレルゲンメニューにすることで涙の量が減ることのあるので、そちらも試してみてください。