たれ耳の犬種は耳のケアが重要です

たくさんの種類がある犬種のうち、かなりの割合を占めるのがたれ耳タイプです。
たれ耳とは顔の両脇に大きな耳が下がっているというもので、トイプードルの他にもミニチュア・ダックスフンドやマルチーズ、ゴールデン・レトリバー、ラブラドール・レトリバーといったようなものが含まれます。

たれ耳犬種は聴力が立ち耳犬種よりもやや落ちるという特長がある一方で、鋭い嗅覚を持っているということが知られています。

一説によるとニオイをかぐときに耳が立っていると余計な情報が頭に入ってきてしまうので、意図的に聴力を抑制するために耳がたれているのだそうです。

見た目も可愛らしいたれ耳犬たちですが、その半面で独特の悩みもあります。
耳介が非常に大きいことから蒸れが起こりやすく、抵抗力が弱まるとどうしても皮膚炎を起こしやすくなります。

さらにトイプードルの場合には耳の中にも被毛が生えるという特長があるため、ケアをせずに放置していると雑菌が繁殖し外耳炎を引き起こしてしまいます。

毎日のケアの時には耳を持ち上げて中を確認し、毛が伸びすぎてしまっていたり炎症が起こっていないかということを調べておきましょう。

特に何か異常がなくても、だいたい2週間に1回くらいは耳掃除をしてあげるのが望ましいと言われます。

自宅で行う犬の耳掃除のコツ

犬の耳掃除のための用品としては毛を引き抜くことができる「鉗子」があります。
鉗子は外科手術でもおなじみの用具で、細かいものを挟み込む時に便利に使えます。

犬用の鉗子は耳掃除グッズとして販売されているので、必ず専門のものを購入するようにしましょう。
使用方法は耳の穴の中に先端を入れ、目立つ耳毛を挟んで上に引っ張って毛を抜きます。

鉗子を使わなくても耳の入口付近の毛は手で抜くこともできます。
耳に鉗子を突っ込むのが怖いという人は無理をせずトリミングサロンでグルーミングをお願いした方がよいかもしれません。

毛のケアとは別にもう一つやっておきたいのが耳全体の清掃です。
コットンなど柔らかい布を軽く湿らせておき、耳の裏側を丁寧に拭ってあげましょう。

人間の耳と違って普段表に出されない犬のたれ耳は非常に皮膚が弱く傷つきやすいという特長があります。
耳に傷がついてしまうと聴力が落ちてしまうことになるので、最初のうちは優しく丁寧に扱ってあげるようにしましょう。

よくシャンプーをするついでに耳の中もゴシゴシと洗う飼い主さんがいますが、犬の耳の中に水が入り込んでしまうとかなり大変です。
水は簡単に抜けてくれないので、中耳炎の原因になってしまいます。

シャンプーをするときにはできるだけ耳の裏側に水が触れないように注意をし、耳のケアはお風呂とは別の場所で行ってください。