毎日のお手入れを丁寧にしてあげましょう

トイプードルは基本的にあまり手がかからないタイプの犬種ですが、それでも毎日欠かさずやってあげて欲しいケアがいくつかあります。

その中の一つがブラッシングで、これはトイプードルの健康管理にとって非常に重要です。
猫やウサギなどのペット用動物の多くは自分で自分の毛並みを整える毛づくろいをする習性がありますが、犬はそれらの動物ほど丁寧に自分の毛並みをキレイにしません。

むしろ頻繁に自分の四肢や胴などを舐めているような時には、皮膚炎を起こしてしまっていることがあるのでまず体を丁寧にチェックしてあげてください。

毛並みが長く縮毛をしているトイプードルは特に毛が絡まりやすく、すぐに毛玉ができてしまいます。
できた毛玉をそのままにしていると被毛と皮膚の間の通気性が悪くなってしまい、そこから皮膚炎を起こしてしまうこともあります。

ブラッシングをしてあげることで毛並を整えるということの他に、寄生虫(ノミ・ダニ)を追い払ったり、皮膚の血行をよくすることができます。

また毎日のブラッシングを通して飼い主さんと触れ合うことでトイプードルは心理的な安心感を得ることができ、お互いの信頼感を高めることにもつながります。

飼い始めの頃にはまだ慣れていないことから警戒してブラッシングの間じっとしていてくれないこともありますが、粘り強くケアしていくことで少しずつ触られることに慣れていきます。

初めてブラッシングをするときの注意事項

犬は基本的に自分で丁寧な毛づくろいはしませんが、仲間や家族に対して代わりにやってあげるということはよくあります。

親犬が自分の子犬を舐めている様子は比較的よく見る行動ですが、群れで生活をしている犬やオオカミは上下関係を明らかにするための目的で相手の毛づくろいをするということがよくあります。

ブラッシングにもこれに似た役目があり、飼い主が毎日飼い犬に丁寧にブラッシングをしてあげることにより上下関係がはっきりし、リーダーとして認めてもらうことができます。

初めてブラッシングをするときにはまず専用のブラシを用意しましょう。
犬用のブラシは先端が丸くなっていて、皮膚を傷つけにくく作られています。
とはいえ乱暴にやってしまっては肌を傷つけてしまいますので、慣れないうちは力を加減気味にしてゆっくり丁寧にしてあげるようにしましょう。

毛が絡まりやすいトイプードルでは「スリッカーブラシ」という毛玉を切りながらすくことができるグッズが便利です。

梳かす時にはなるべく一方向に向かってクシを滑らせるようにし、途中で横にそれたりしないように気をつけます。
毛並みに逆らわずに体の前から後ろ、上から下に向かって動かすようにして皮膚に傷や炎症がないかも調べてください。